日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の4話を分かりやすく解説していきます

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の第4話のネタバレとあらすじと感想の3点について書いていきます。

 

こちらの、日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜は、チンジャオ娘先生達磨さん転んだ先生で送る人気のエロ漫画ですが、現在BookLive!コミックの方で、連日ランキング上位にランクインされている大人気エロ漫画になります。

 

 

眠れない夜を過ごす中で愛美が言葉にした夜這いの風習という一言。
この一言でタケルの理性が崩壊してしまいました。
涼音に飛び掛かりパンツをずりおろしてチンコの挿入を試みる彼。
横にいたヒロトに助けを求めるものの、彼はこの後に起こる事に期待しているみたいで何もしてくれません。
そしてついに涼音のアソコには……

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜を無料で読んでみたい人はこちら

 

▽ ▽ ▽ クリック! ▽ ▽ ▽

 

 

涼音が喘いでくれますよ〜(*´ω`*)

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第3話「やだ…こっち見ちゃダメっ」隣の布団で従弟に抱かれる姉の顔はこちら


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜4話のネタバレを丸ごとお話しします

どうやらキスされながら射精されるとトロけてしまうらしい涼音は、タケルと舌を絡ませながらおかわりセックスをOKします。

 

スイッチの入っているタケルは抜かないまま2回戦に突入してしまいました。

 

しかも涼音とずっとキスしたままです。

 

ヒロトは呆然とその様子を見ているだけです。

 

愛実はセックスの気持ちよさを実感しながら、高ぶる自分の身体を自分で慰めています。

 

それすらも飽き足らなくなったのか、愛実は自分から寝間着を脱いでヒロトをいざないます。

 

涼音の喘ぎ声をBGMにしながら愛実の膣に一気に挿入していくヒロト。

 

気持ちよさのあまりイキそうになりますが、どうにか我慢します。

 

愛実の希望もあってそのまま一気にピストンを始めました。

 

ピストンしながら、再会の時から気になっていたおっぱいに目が行きます。

 

目が行くだけでなく口も行ってしまいました。

 

敏感に反応する愛実。

 

ヒロトは意識しないまでも2点責めになり愛実も余裕をなくして感じ始めます。

 

快感の勢いで中出し許可を出した愛実にヒロトは思い切り射精して果てたのでした…。

 

こうして、それぞれ思いもよらない形で初体験を済ませてしまった4人は翌日から大人たちの目を盗んではセックスにふけり始めるのです。


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第4話はこんなあらすじ

涼音が一番怖がっていた膣内射精ですが、タケルにキスされて自分から舌を絡めていたらどうでもよくなってきたみたいです。

 

タケルのお代わりセックスのリクエストにも呆然としながらOKしてしまいました。

 

抜かないまま始まった涼音とタケルのセックスを見て、愛実は自分の股間を触りながらヒロトに迫ります。

 

自分から服を脱いで正常位の体勢になった愛実に吸い寄せられるように自分のチンコを近づけていくヒロト。

 

が、入り口がわからず戸惑いますが愛実がそこは優しくリードしてくれます。

 

誘導されるがままヒロトは一気に愛実の中にチンコを挿入してしまいます。

 

愛実は痛がる様子を全く見せないまま、ヒロトにタケルみたいに激しく動いてほしいと言います。

 

すぐ隣で姉が喘ぎ声をあげる中、ヒロトは愛実の膣に自分のチンコを打ち付けていきます。

 

と、気になっていた彼女のおっぱいに不意に吸い付きます。

 

愛実もヒロトの視線が自分のおっぱいに向けられていたことに気づいていたみたいで、されるがままです。

 

むしろ、ハメられながらおっぱいを吸われる方がいいみたいですね。

 

最初は余裕を見せていた愛実ですが、おっぱいを吸われだして反応が変わりました。

 

イキそうなヒロトに中出しを許可して自分も涼音と同じように膣内射精を経験するのでした…。


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第4話を読んでみた感想!

射精されながらのキスという初心者には中々ない行為で涼音は理性を失いつつあるみたいです。

 

妊娠の恐怖よりも快楽の続きへの好奇心が上回ったみたいで、タケルのセックス継続を許可しました。

 

抜かずの2回目に突入した2人を見て、愛実はセックスの快感に興奮を高めていきます。

 

ついには自分の股間に手を伸ばしていじり始めたのでした。

 

それを見たヒロトに愛実は自らおっぱいをさらけ出して彼を誘ったのです。

 

この状況でセックスを断れる男性はほとんどいません。

 

もちろんヒロトも涼音に対する嫉妬を持ちながら、愛実の膣に誘導されていきます。

 

最初こそうまく入らなかったものの、愛実が導いて一気に膣の奥まで挿入できました。

 

一番セックスに関心がある様子だった愛実は初めての挿入でも痛がるそぶりもありません。

 

ヒロトに激しく動くようにリクエストする余裕すら感じます。

 

しかし、ヒロトがおもむろに吸い付いたおっぱいで反応が変わりました。

 

涼音は口、愛実は胸が弱いみたいですね。

 

2人とも弱点を初体験からさらけ出してしまい、仲良く膣内射精を許してしまいました。

 

愛実に至っては自分から中出し希望という強気の行動です。

 

こうなってしまうと性欲に満ち溢れた思春期の少年少女は止まりませんね…。

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の無料試し読みはこちら

 

▽ ▽ ▽ クリック! ▽ ▽ ▽

 

 

我慢はイケませんよ〜(*´▽`*)

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第5話「このマ○コ気持ち良すぎる!」姉の交尾を眺めながら従姉の口ではこちら

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜無料試し読みとネタバレはこちら